記事

飲食店の集客方法|SNS&インフルエンサーの活用がおすすめの理由とは

飲食店のオーナー様のなかには、集客方法に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
「何から手を付ければ良いのか?」「そもそもどのような集客方法が自分のお店に合っているのか?」などと、悩みもさまざまかと思います。

この記事では、飲食店のおもな集客方法と特徴や、SNSとインフルエンサーを組み合わせた集客方法のメリットなどを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

飲食店は “ターゲット” に来てもらう必要がある

集客とはいえ、とにかく客数だけ集めれば良いというわけではなく、飲食店は「ターゲット層に来てもらうこと」が重要です。
なぜなら、お店の雰囲気は客層により変わってしまうからです。
例えば、カップル向けのお店にしたいのに学生が団体で盛り上がっていると、雰囲気が壊れてカップルの利用客が減ってしまいます。
また、女性向けで量より彩りを重視した食事を提供したいのに男性客が集まってしまうと、「量に対して価格が高い」などとマイナスな口コミが先行してしまう可能性もあるでしょう。
上記はあくまで一例ですが、飲食店が集客に成功するためには、いかにターゲットに的確に訴求できるかがポイントとなります。

飲食店のおもな集客方法と特徴

飲食店の集客方法として考えられるのは、おもに次の5つです。• 店頭での宣伝
• 会員カード
• 口コミ・レビュー
• 割引サービス
• SNS

それぞれの集客方法の特徴について、以下で見ていきましょう。

(1)店頭での宣伝

店頭での宣伝は、例えばお店の入り口にボードなどを置いて、本日のおすすめメニューを紹介したり、コース料理の種類や価格を紹介したりといった方法が挙げられます。
このような集客方法は、通行人にお店の存在やコンセプトを直接アピールできるため、即効性が期待できるでしょう。
また、ボードの購入費用などを除いて、運用コストを抑えやすいのも魅力です。
ただし、毎日ボードの内容を書き直したり、興味を引いてもらえるよう書き方を工夫したりといったことが、宣伝を続けるうえで負担になるかもしれません。

なお、道路にボードを設置するなど、敷地からはみ出る可能性がある場合は、あらかじめ看板設置の許可を得る必要があるため注意しましょう。

(2)会員カード・スタンプカード

会員カードやスタンプカードは、リピート客を獲得しやすい集客方法です。
会員カードと聞くと紙で作られたものをイメージするかもしれませんが、現在は、スマートフォンなどで管理できるデジタルカードもあります。
スマートフォンで管理できるものなら、客側のカードを持ち歩く手間を軽減できるでしょう。
会員カードやスタンプカードによくあるのが「◯ポイントで◯円分のクーポンとして利用可能」などの特典ですが、特典内容に工夫を凝らせば他店との差別化を図ることが可能です。

(3)口コミ・レビュー

利用者の口コミやレビューは、店側から発信する情報よりも大きな集客効果があります。
口コミやレビューには大きく分けて2つのパターンがあり、一つは家族や友人に直接伝える口コミ・レビュー、もう一つはインターネット上で発信する口コミ・レビューです。
ただし、どちらも店側が内容をコントロールすることはできないため、効果が大きい分、悪評が広まってしまうリスクもあります。

(4)割引サービス

飲食店の場合、「クーポン提示で◯%オフ」「コース料理の注文でドリンク1杯サービス」などの割引サービスが考えられ、即効性が高い集客方法といえます。
一方で、「割引しないと売れない」状態に陥ると、料理などの価値を下げ続けなければならないという悪循環が生じるため、注意が必要です。

(5)SNS

現在では主流といっても良いのが、SNSを使った集客方法です。
若い世代を中心にSNSで飲食店を探す方も増えており、SNSを使えば、広い範囲に情報を届けられるメリットがあります。
ただし、SNSの運用方法によっては、期待する効果が出るまでに時間がかかるかもしれません。

SNS&インフルエンサーを活用して集客するのがおすすめの理由

前章では、集客方法としてSNSをご紹介しましたが、より効果的な方法に「SNSとインフルエンサーを組み合わせる」方法があります。
具体的には、インフルエンサーに来店してもらい、料理や内装などについて写真とともに自由に情報発信してもらう方法で、いわゆる「インフルエンサーマーケティング」と呼ばれる手法です。

SNSとインフルエンサーを組み合わせれば、次のメリットが得られます。

• 即効性を高められる
• 店の雰囲気を伝えられる
• ターゲットに的確に訴求できる

それぞれのメリットについて、以下でご紹介します。

インフルエンサーマーケティングで可能な施策のタイプとは?事例とともに紹介!インフルエンサーマーケティングを実施する企業が増えているなか、「自社でも成果を上げられるだろうか?」と興味を抱いている方も多いのではない...

即効性を高められる

先ほど、「SNSの運用方法によっては、期待する効果が出るまでに時間がかかる」とお伝えしました。
お店のアカウントを作成し、スタッフがコツコツと日々の情報発信を継続していくケースなどは、効果が出るまでに時間がかかりやすくなるでしょう。
しかし、インフルエンサーを活用すれば、早ければ投稿直後から大きな反応が得られるケースもあります。

店の雰囲気を伝えられる

店側が一方的に雰囲気を伝えても「実際のところはどうなのか?」と疑問に思う消費者は多いです。
それに対し、消費者にとってお店よりも身近なインフルエンサーが自分の言葉でお店の特徴を伝えれば、その雰囲気をイメージしやすくなるでしょう。

ターゲットに的確に訴求できる

繰り返しになりますが、飲食店の集客が成功するかどうかは、ターゲットに来てもらえるかがポイントといえます。
インフルエンサーは、それぞれ影響力を持つターゲット層が異なるため、お店のターゲットに影響力が大きいインフルエンサーを活用することで、的確に訴求することが可能です。

【Instagram】デリスタグラマーとは?人気の理由や起用例を解説「デリスタグラマー」という言葉をご存じでしょうか? 「最近よく見かけるようになった」という方は多いかもしれません。 デリスタグラ...

まとめ

飲食店の集客はターゲットに来てもらうことが重要であり、そのためにはターゲットに的確に訴求できる集客方法を取り入れる必要があります。
集客に力を入れたいとお考えの方は、SNSとインフルエンサーの活用を検討してみてはいかがでしょうか。