記事

DtoCとは?メリットやデメリット、DtoC企業のインフルエンサーとの関わり方を紹介

近年増加しているビジネスモデルの一つ「DtoC」とは、おもに自社で運営するECサイトを介して、消費者に直接的に商品を販売することをいいます。
本記事では、DtoCの概要やBtoCとの違い、DtoCのメリット・デメリットを解説します。
併せて、DtoC企業とインフルエンサーとの関わり方も紹介しますので、参考にしてください。

BtoB企業がInstagramを活用すべき理由とは?ポイントも解説インテル社やマイクロソフト社などの有名企業をはじめ、近年、SNSを活用するBtoB企業が増えています。 中でも、BtoB企業にとってI...

そもそもDtoCとは?

DtoC(またはD2C)」とは、「Direct to Consumer」を略した言葉です。
小売店や大規模ECサイトなどを利用するのではなく、おもに自社運営のECサイトを使って、消費者にダイレクトに商品を販売するビジネスモデルを指します。
一方で、「BtoC(またはB2C)」とは、「Business to Consumer」を略した言葉です。
消費者に直接的に商品を届けるビジネスモデルという点では、DtoCと似ているように感じられるでしょう。
しかしBtoCは、小売店などを介したオフラインでの取引を想定している点で、インターネットを介し、かつ企業がダイレクトに商品を販売するDtoCとは異なります。

DtoCのメリット・デメリット

DtoCには、メリット・デメリットの両方があります。
それぞれの内容について、詳しく確認していきましょう。

DtoCのメリット

DtoCのおもなメリットは、次の3点です。

  • 仲介業者が不要な分コストを抑えられる
  • プラットフォームに依存せずマーケティング施策を実行できる
  • 顧客データを入手し今後に活かせる

先に述べたとおり、DtoCは大規模ECサイトなどに登録するのではなく、自社ECサイトなど独自のチャンネルを構築して運用します。
自社ECサイトの構築・運用にはもちろん一定のコストがかかりますが、長い目で見れば、仲介業者を挟む方法よりも無駄なコストを削減できるでしょう。
その分、価値の高い商品を消費者に提供できると期待されます。

また、自社ECサイトを運用すれば、細かく質の高い顧客情報を手に入れることも可能です。
そのデータを収集・分析することにより、以後のマーケティング施策に役立てられるでしょう。

DtoCのデメリット

DtoCのおもなデメリットは、次の2点です。

  • 自社ECサイトなどの構築に費用や時間がかかる
  • 知名度が上がりにくい

自社ECサイトを構築するのには、コスト以外に時間もかかります。
また、知名度が十分でない企業の場合、Amazonのような大規模ECサイトを活用すれば新たな顧客を獲得するチャンスが広がりますが、
最初から自社ECサイトを運営しようとすると、なかなか認知されずに苦戦する可能性もあるでしょう。

DtoC企業とインフルエンサーとの関わり方

DtoCには知名度が上がりにくいというデメリットがありますが、インフルエンサーを起用することでそのデメリットをうまく解消している企業も多くいます
DtoC企業がインフルエンサーを起用する際には、以下のようなパターンが考えられるでしょう。

  • DtoC企業の既存のブランドや商品を、インフルエンサーがPRする
  • インフルエンサー自身のブランドの販促を、DtoC企業がサポートする
  • DtoC企業とインフルエンサーとのコラボ商品を販売し、その商品を中心にインフルエンサーがPRする
親和性の高いインフルエンサーを起用するには?具体的な探し方を紹介インフルエンサーマーケティングの成果をあげるためには、自社と親和性の高いインフルエンサーを起用するのがポイントです。 本記事では、自社...

まとめ

DtoCには、仲介業者にかかるコストを抑えられる、質の高い顧客データを収集できるなどのメリットがあります。
一方で、自社運営のECサイトは知名度が上がりにくいデメリットもあるでしょう。
そこで、インフルエンサーを起用すれば、効率的に認知を広めて自社ECサイトへの流入率を高めることができます。
自社の施策に合う方法で、インフルエンサーを起用してみてはいかがでしょうか。

オウンドメディア集客にはインフルエンサーの起用が効果アリ!メリットや集客方法近年、企業が「オウンドメディア」を運用し、自社商品・サービスをPRしたり、広告収入を得たりするケースが増えています。 一方で、オウンド...